午後の木漏れ日の中で

ふと眠りにつく


昼下がりの太陽のせいか

まぶたの裏が焼け付きすごくまぶしい


だがすぐに心地よい

気だるさに吸い込まれていく


そして私は軟性のマグカップの船にのって

イメージの練りアメの中を漂う


ゆらり…ゆらり…ゆらり…

ゆっくりと虹色の空間を沈んでいく


そこはどこまでも深く

光をぼんやりと通しながら

色彩色に輝く


深く深く沈みかけたころ

ふと傾光のもとに戻される


あ、雨のにおいがしてきた…