その夜私は頭まで毛布をかぶり

ぶるぶると震えている


冷や汗でびしびしょだ


犬の遠吠え

闇が動き出したのだ

生物はみな息をひそめる


ドクン…ドクン…


冷や汗のせいでお腹が冷えて痛い


闇が迫ってくる

犬の吠き声が遠のく

闇にのまれていく



気がつくと私は真っ暗な中にたたずんでいる

次第に目が慣れてくる


どうやら密林にたたずんでいるようだ

木々の隙間から端まで欠けた月が

黄色く不気味に光る


キィキィ…ウキュキュキュキュ…

色んな声が頭上を交差する


ジャングルはその魔力をもって

私を迎え入れたのだ


視線を深い林へと戻す

そこらじゅうから視線を感じる


呪術的な衣装を身にまとい

奇妙な木彫りの面をかぶった人影が

そこらじゅうにぼんやりと浮かび上がる


囲まれている

ギラギラとその目が異様な輝きを秘め

横一列に並ぶ


その異様な存在感に圧倒され

さっと身構える


褐色の手に持つ槍の先端が鈍く光る

あの細く光る月と重なる


といくつもの月が地面に落ち

みなひざまずく


そして何も分からぬまま

導かれるままに彼らに付いていく



密林の奥では大きな焚き火の周りを

グルグルと人々が踊っている


今宵私は招かれた客だったのだろう

彼らと共に踊りだす


ただの音の塊に身をゆだね

ボーっと周りを眺める


彼らの影はゆれる炎のせいか

異様に大きく渦を巻き

いくつもの影をつくる


この祭典に招かれたのは私だけではなかったのだ

渦を巻き影のように伸びた

自分の体を見てハッと気づく


うなりにも似た声が四方へと伸びる


原始的なリズムが打ち鳴らされて

意識は拡散していき

残った肉体だけが永遠に運動を続ける


ドクン…ドクン…ドクン…


ジャングルの夜は続く