父の書斎に忍び込む

その存在を主張する革張りのチェアーは

父の威厳を示すかのようだ


そのチェアーに座り私は口ひげを撫でるかのように

口元に手をやりそして咳払いをする

咳はねたっと壁に吸い込まれ

そして静寂が睨み返す


本棚の小難しい本や地球儀

机の上の万年筆など周りのモノは

何も無かったかのようにそこにとどまり続ける


その重い重力のなか

ふと本棚の向こうに何か小さな扉を見つける


「入ってみよう…」

また小さないたずら心が動く


そこは趣味の部屋のようで

狭い部屋の中たくさんのレコードや雑誌

小物などが寄り添うように

くっつきあって並んでいる


その中から一枚のレコードを引き抜き

レコードプレーヤーの埃をはらい

そこにセットする


舞い上がった埃が

窓に射し込む光に

うっすらと灰色の陰影を付ける


ずっとその狭い部屋の中休んでいたスピーカーが

動き出し再びこの世界をゆらす


おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかな音が


こぼれ落ち


床を跳ね 遊ぶ


ほこりのかぶったコレクションの上で

ふわっと淡く色を帯びながら遊ぶ


このモノトーンの部屋に少し色彩が戻ってくる



私は何冊かの本を手にとり

それをさっと斜め読む


その本の上をさっと音が撫でる

時折強く光を帯びながら


その一瞬の光のなか

いろんな世界が映し出され

導かれるその世界に想いをはせる


まるで旅をするかのように

このこぼれ落ちた想いと共に…


しばらくののちレコードを止め

私はその部屋を後にする


残されたもモノは

ゆっくりと元の空気に沈んでいき

またあの長い眠りに付く