-1-


私は靴を片手に廊下の窓から外へと抜け出す

みなすでに寝静まってる時刻だ


家を出てすぐ空を見上げる

「よしこの月だ…」


濃い青のグラデーションに

そのダウンライトのような明かりを確認すると

すぐにそのやさしくクリアな光が照らし出す光景に目をやる


木々たちは昼間に見せる生気に溢れた表情とは違い

無機質な物質であるかのように映る


植物も息をひそめて眠っているのだ


この不思議の国にたどり着いたのは私一人

子供っぽい高揚感に胸を膨らませながら

ある場所へと向かう


そこは一面田んぼや畑が広がっていて

このような夜を楽しむにはとてもいい場所だ


夜の散歩


月明かりを頼りに歩きながら

小さな頃読んだ童話を思い出す


ハリネズミが月明かりで麦畑を散歩する話だ


そして洋ナシが川に落ちて流れ

次第にお酒に変わる話も思い出す


なぜだか分からないが

多分私はこの二つの話が同じ月の下

同時に起きていると考えているんだ


とても素敵な夜に違いない



その場所に向かうににつれて

この夜に自分以外がいないんだなという

感覚が強くなる


車一台通らないし

もちろんこんな時間に出歩いている人なんて

私以外誰もいない


そんな空虚な民家郡をすり抜け

石の橋をわたり小さな坂を超え目的地に達する


そして振り返る

それまで月を目指して進んできたので

気づかなかったが

私の後ろにくっきりとした影が付いて来ている


この影が自分の分身のように思えて

また何でも分かり合える旧友のように思えて


なんだかうれしい気持ちになる

私と旧友はあたりと見あたす


たくさんの虫たちが奏でる

どこかにいるのだろうが見ることは出来ない


私たちはそこに腰を下ろし

しばらくその光景を眺めていた


-2-


果樹園の木が月に照らされて

近くの木はくっきりとしたコントラストで

葉の何枚かはその受けた光を空中へと返している


遠くに見える木はボンヤリとしたシルエットで

やわらかく映る


私がそんなおとぎ話のような

風景を眺めていると


旧友が空と周りを囲う山の境界を指差す

そこから雲がこっちに顔をのぞかせ

ちぎれちぎれのワタ雲を

ゆっくりゆっくりとこっちへ流しているのだ


流された雲は次第にその形がくずれ広がり

拡散して空に広がる


まるで夜空にかかるレースのようだ


ただ星の動きと雲の動きとが

速さがあまりにも違うため


その二つの層の間にはとても距離があるようだ


多分この二つ層は

まったく別の時間軸で動いているようだ

そして地上の時間軸ともね


少しの間考え込んでいると

旧友が話しかけてくる


雲が流れていって形を崩しながら

そのうち靄のようになって消えてしまう…


あれはどうしてなんだろうね


私は答える

夜空にとけて甘いお酒になるんだよ


街灯もまばらな遠くの道路に

思い出したかのように走る車のライトを見て

私はこの不思議の国と現実の距離に気づく