窓に斜めに射し込む朝日で

食卓の上に長い影がのびる


ざらついた光を反射するガラス窓の明るさは

目覚めたばかりの瞳には少しまぶしい


カチ…カチ…カチ…

壁に掛かった時計が

心音よりもゆったりとしたリズムで時を刻む

朝の緩やかな空気のなか

小鳥のさえずりがそのリズムに無邪気に戯れる


こんな朝は簡単な小説でも開きながら

レコードでもきいてみよう


窓を横切る鳥の影を追いながら

残り一口のハムエッグをグイっと放り込んだ