私はスーツを着て外へと出かける

みな気づいてないのだ


左半分が裸なのを


平穏を装いながらも私の半心は

混沌と渦を巻き外へ外へ広がる


私の右半分はそれを無理に型へと

はめ込んで普通な顔をしてみせる


…でももしかしたら私もなのかもしれない

この世界の半分は無理に型にはめ込められて

いることに気づいてないのは


ぐらぐらと揺れる地面に立ちながら

通りを行きかう人型をゾっと見渡す