夕下がり

木々の影が長く延び

今 沈みかけた太陽がこの瞬間を

オレンジ色に染める

あたりももうすかっり薄暗くなり

この夕焼けが妙にほっとする


こんな夕刻の公園にはにかわしくない少女

人気も少なくなった公園で

彼女は一人何をしているのだろうか


ブランコの手すりに腰を落ち着かせて

かすかに揺れるブランコの方に向かって

話しかける

遠くのほうで木々がざわめく


少し不思議な光景だが

一人遊んでいるのだろうなと思っていた

だが一瞬 この光景が

なぜだか分からないが

不気味に映る


そして彼女は話すのをやめ

その両手をさっと前に差し出す


なにもないはずの空中から

彼女の両手の平に何か光るモノが

ふわりと落ちる


それを手に彼女は

うれしそうに走り去る


何が起こったのか分からなくて

立ち尽くす私の周りで

木々がざわざわとざわめきだし

気がつくともうすっかり日も暮れている


もう黒く落ち着いた木々のシルエットの向こうに

月が出ている


そして今 水平線から浮かび上がったばかりで

まんまるに膨れ上がった月と目が合う