見つめあう二人

時もネジを緩め 静かに息を潜め見守る


そのやわらかい褐色の肌に

インディゴの胸飾りがよく映える


時を越えて愛し合う二人


かつては許されない仲だった

互いに惹かれあい

遠くから交わす視線


ただそれだけ


違う部族に生まれてしまっただけなのに


それでも二人は互いを求め

ついにはそこから逃げ出す


遠くへ…遠くへ…


でも女は飛んできた矢で死んでしまう

愛の精霊のいたずらは彼女にとっては

致命傷だったのだ


男は泣きながら彼女を抱え

褐色の大地にただただ咆哮する

その叫びに狼が悲しく声を返す


まだ大地の神々が人々に

啓示を与えていた頃の話だ