穏やかな顔をした白髪の紳士が

その箱を開け 端から順に

石に手を伸ばしそれを眺める


まるで小さな子供を見るかのような

優しい顔で石を眺め

またそっと深紅のサテンの上へと戻す


しばらく眺めて満足したのか

でも名残惜しそうに石をしまい

そして内ポケットから取り出した懐中時計も

そこに一緒に収める


そして そっとコレクションボックスを閉じる


パチンと灯りを落とし

その部屋を出て行く


扉のスリッドから長く延びた黄色い光がちぢみ

暗闇の中 その木箱の中で静かに

懐中時計が時を刻み始める