この思いは伝わらない

はかない願いは瞳の上で七色に分かれ

黒いレンズに吸い込まれ

雫になってこぼれ落ちる


いくつもの波紋が広がり

水面に落ちた音は冷たい空間に幾重にも反響する

別れ出た音はふわっと白く輝き

淡く浮かび上がった思い出を

やさしく消し去る


そして思い出の残骸は

深い水の中に沈んでいき

やがてきれいな結晶を形作る