この石を君にあげよう

男は言った

彼女はそれを受け取り

純粋な眼をして見つめる


彼女は売春婦

もうずっとこの粗末な小屋で客を待つだけの生活

ある日突然何も分からず連れてこられた

このあたりの地域ではよくある話だ

生きるためにはどうしようもない


彼女はもうこの生活にも慣れてしまい

客に身を任せ

いつものように心を隅へと追いやる

その汚れ無き心は部屋の隅でひざを抱き

目の前の出来事から眼をそらす


次第に磨り減っていくような思いも薄れ

彼女は淡々と日常をこなす


いつしかその眼は光を失い

彼女の世界には音と感覚だけが残る


…もう何も見なくて済む


彼女は笑ってみせる

そして昔男からもらった石を手にして

それをかざしてみせる


その石は彼女の小さな手の中で美しく輝く


まぶしいほどに光り輝くのに

もうその光は彼女には届かない


彼女は笑ってみせる

がその表情とは裏腹に頬に涙が伝う