「映画って、ハッピーエンドだとつまらないのよね。」

ポテトフライに手を伸ばしながら彼女は言った。

映画館帰りの、喫茶店での一言。

普段の楽しげな君には珍しい言葉だった。

「そうかもしれないね。」

僕は返した。

ただ君は今、遠くをボーと見ている。

その先の窓の向こうには何があるのかな。

雨がしとしと降る中、通る車の音が

静かに行きすぎる。

彼女と同じように外を眺めながら

今日はあいにくな天気だななんて思っていると

また一言。

「映画って、ハッピーエンドだとつまらないのよね。」

だが、すぐまっすぐ僕を見てつぶやく。

「でも、ハッピーエンドがいいな。」

そこにはいつもの君がいた。

かわいらしく僕を見つめてほほえんでいる。

その仕草がたまらなくうれしくて

僕は君がハッピーになれるように

がんばるよなんて思ったんだ。

そう、この映画のエンディングは君の笑顔がいいななんて思ったよ。