つかみそこねた右手

いつもそこで目が覚める

何の夢だったのかも思い出せない

でも何か大切なモノを

手放してしまったのかもしれない…


不安がよぎる

窓の外で枯葉が

風でカサカサと震える


不安を振り払うかのように

ベッドから抜け出し

いつも通り支度を始める

朝霧に濡れた景色のせいか

少しだけ肌寒く感じる…


一段落して入れたてのコーヒーを一口飲む

なつかしい温もりにはっとする


もしかしたら夢じゃなかったのかもしれない

無意識に流れ出る露のような涙をぬぐいながら思う


何か大切なモノを失ったのかもしれない


大きな喪失感の中

それでも季節は無常にも

その秒針を先へ先へと進める